お子さんの発達に不安を持つお母さんとともに

NPO法人 子育てサポート・Mネット設立にあたって

1 設立趣旨

近年、知的に大きな遅れが認められないにも関わらず学習に困難を抱えている子どもや、集団になじめず自分をコントロールすることが苦手で暴言や暴力に及ぶ子どもの存在が多く聞かれるが、家庭や学校などでその手立てが十分なされているとは言いがたい。

それらの問題とされる学習の困難さや言動については、単に本人の努力不足や、家庭でのしつけの結果として社会的に認識され、その原因を家庭の子育てのあり方に求められることも少なくない。それゆえ家族は子どもの言動を自分たちの責任と感じてしまったり、その一方で、悩んだ末訪れた医療機関で何らかの診断名が告げられると、その「発達障害」ゆえにしかたがないとあきらめてしまったりする一面も見られる。

それらの現状をもたらす背景要因として、第一に子ども自身が抱えている発達課題についての基本的で正しい知識の不足があげられるが、加えて家族が気軽に相談できる機関や学び合いができる機会の乏しさが、より問題を深刻なものにしていると考えられる。

発達障害児教育の専門家や臨床経験の豊富なスタッフによる発達に関する情報提供や啓発を行うとともに発達相談会を実施する。その中で個別の指導プログラムを作成し、親子で取り組むことによって適切で具体的な子どもへの対応を広めたい。

と同時に、発達障害をもつ子どもを育てている家族が互いに知恵を出し合い、親子のコミュニケーションを図りながら子育てに対する負担感を軽減するためのネットワークづくりを進めたい。

また、これらのより支援を必要とする子どもの子育ては、一般に母親の負担が過重になる傾向が見られ、母親の多くは社会進出や就労が困難になっている。そうした母親に対し、家族が支えあって子育てができる基盤づくりの支援をすることで負担を軽減し、誰もが自分らしく生きる男女共同参画社会の実現にも寄与したい。

 

2 申請に至るまでの経過

上記の目的を達成するために、発達障害をもつ子どもたちと教育現場で長年関わってきた特別支援教育士スーパーバイザーをはじめ学校心理士や理学療法士、また臨床心理士として活動している教職経験者、そして少年院での臨床経験をもつ専門家といった発達臨床経験が豊かなスタッフが集まり、発達障害をもつ子どもを育てている家族と連携しながら子育ての健全なあり方を確立していきたいと考えた。

組織の基盤を確立し、社会的信用を得て活動するために特定非営利活動法人化が必要と考え、ここに子育てサポート・Mネットを設立するものです。

 


 

なお、これまでの経過は以下の通りである。

4月24日 設立準備会・名称について話し合い

5月11日 設立準備会・定款および事業計画について話し合い

5月26日 設立準備会・活動予算について話し合い

6月 8日 設立総会を開催

特定非営利活動法人子育てサポート・Mネット    設立代表者  五 島 君 子

 

お子さんの発達に不安を持つお母さん、相談おまちしています TEL 058-337-8402 9:00 - 18:00

  • facebook
PAGETOP
Copyright © NPO法人 子育てサポート・Mネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.