お子さんの発達に不安を持つお母さんとともに

参加者の声

私の子どもは通常学級にいますが、他の子と同じように学んでいかなければならないことで、ストレスもあるようです。そのため家では大変なこともたくさんありますが、母親として「6ケ条」を意識していきたいと改めて考えることができました。

共に歩もうとされるお母さんの話は、現在子育て真っ最中の私にとって、見習うべき母親のあり方だなと思いました。どれも、気持ちの余裕がなくなると、見失いがちですが、今日から気持ちを新たに子どもと関わっていけたらいいと思います。親子通級の具体的な指導内容もとても参考になりました。

自分の子育てはどうだったかと思い出しながらお話を聞かせていただきました。連携はとても大切だと思います。私はそれでとても助かり、子育てができました。

自己肯定感がすごく大事だと思いました。家ではすぐ注意ばかりしてしまい、ほめて育てることが欠けてしまっていることに気づきました。発達障害があり、人との交わりが苦手です。自己肯定感を高く持ち、少しでもお友達と共に成長できるように親としてサポートしていきたいと思います。

講演では親の焦りに対し「待つ」ことの重要性を強く説かれていた。目標を決め一つひとつの課題をクリアしながら子どもの成長を「待つ」ことの大切さについて今一度これまでの接し方を振り返り、より子どもの自立を促す取り組みをする必要性を感じ、取り組んでいこうと思いました。

子どもが軽度の発達障害ですがなかなか手をかけてやれていなのが現実で、それを思い知らされました。まだまだやれることは沢山あるし、子どものやる気や肯定感を下げる言葉を使ってしまっていると反省しました。

今日の先生のお話、胸が熱くなりました。先生方のご指導の下、家庭での毎日の取り組みを根気よく続ければ、必ず身に付くということを学びました。ありがとうございました。今日から頑張ります。

子どもは自己肯定感が低く、自分の子育てを悔やんでいます。もっとこの話を早く聞きたかったですが、今日うかがったお話を参考にして頑張りたいです。

悩んでいるお母さんを子育て支援、サポートにつなげ、その後も共に子育てしていくためには、指導員もサポートの先生方とつながっていることは大切ではないかと思いました。(学童保育指導者)

子どもから引き出すことが大切なことはわかっていても、あせり、諦めてしまっていた私ですが、かける時間の多さ、多種多様な教具etc、そして言葉がけの力がよくわかりました。実際の具体的な姿を紹介して話されたので良かったです。(小学校教師)

(一部抜粋、改変)

 

お子さんの発達に不安を持つお母さん、相談おまちしています TEL 058-337-8402 9:00 - 18:00

  • facebook
PAGETOP
Copyright © NPO法人 子育てサポート・Mネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.